FF14 ギャザクラビギナーズガイド 初心者向け製造講座
最初に知っておきたいこと(※5.x以降にスキルが対応していません。ご了承ください)

ContentPostdate:2017/07/17  ContentUpdate:2017/08/19
ページ内メニュー
クラフターとは?
  クラフターになるには?
  製造の基本
  制作パラメーター
  経験値について1
  クラフター専用ステータス
  レベルの上げ方(経験値について2)
失敗しないための基本
  必要制作アクション数を知る
  アディショナルスキルの必要性
  状態について理解する
HQの勧め
  HQとは
  HQ品、性能以外の利点
  HQの作り方
マクロ使用の勧め
  マクロとは
  マクロ登録の方法
  制作マクロサンプル
後書き

Lv50までに知っておきたい クラフターの基本


   概要

 パッチでアップデートが重なって3.0が4.0になっても5.0になっても、新規プレイヤーがどうしても通らないといけない道が、ゲームシステムの理解とレベル上げです。
 何となくやっててもそこそこ楽しいのがゲームですけど、理解することでよりいっそう楽しむことが可能です。
 そんなわけで、クラフター初心者に向けたコンテンツ作りを目指して頑張ります。
 なお、このページは1から製造を始める人を対象としています。中級者・上級者には退屈で当然の話しかと思いますので、読んで「なんだこれだけ?」とか思わないように注意して下さいね。

   基本

 まずFF14におけるクラフターって何?というお話し。一言で言うと製造職です。材料アイテムを元に他のアイテムを作る職業(クラス)のことを指します。FF11から来たプレイヤーさんは「合成」と言ってますね。
 レイドやハイエンドコンテンツ装備が性能面においてはトップでID産装備が充実してて手軽に手に入る環境において、作れるアイテムの性能面であまり輝けない苦悩はあるものの、幅広いオシャレ装備やマテリアの材料、家具や製造専用コンテンツと
 知れば知るほど奥の深い分野ですので、興味がある方は是非チャレンジしましょう!


 とりあえずクラフターにならなければ何も始まりません。
 そのためにまず一番初めに選んだ戦闘職のレベルを10にしましょう。
 Lv10になると所属クラスのギルドマスターからクエストを受けられるので。それをクリアすると戦闘・製造・採取全てのクラスを開放する権利を得ることが出来ます。
 開放する権利を獲得したら、各都市にギルドがあるのでスキなクラスのギルドで解放クエストを受けます。
 話してクラスチェンジするだけの簡単なクエストです。
 PickUp1に各クラスクエを何処で受注するのか記載しておきます。




PickUp1

クラフター解放クエスト所在地一覧(クラフターギルドの場所)


クラス名都市名地区
木工師グリダニア新市街
革細工師グリダニア旧市街
裁縫師ウルダハザル回廊
彫金師ウルダハザル回廊
錬金術師ウルダハ政庁層
鍛冶師リムサ・ロミンサ上甲板層
甲冑師リムサ・ロミンサ上甲板層
調理師リムサ・ロミンサ上甲板層

 クラス解放クエストをやるとクラスチェンジのやり方はわかると思うので、ここでは省略します。
 では、早速何か製造してみましょう。
 まず手帳管理から制作手帳を開きます。
 
 
 開いたウィンドウの左側、レベルレシピを選んで、1-5を選択します。
 ウィンドウ真ん中に制作できるアイテムの一覧が出現します。
 
 例ではレザーを選択しました。
 初期の材料はギルドにあるショップで買うことが出来るので、今回は買って揃えてしまいましょう。
 シャードについてはアイコンの左が必要個数で下が所持個数です。
 
 表示されている材料を揃えたら、製作開始ボタンを押して制作のミニゲームが始まります。
 制作が始まると、TURN、耐久、状態、工数、品質、HQ率という6項目が表示されたウィンドウが開きます。
 



PickUp2
制作パラメーター
TURN:ターンとは、今何アクション目かを表しています
状態:状態とは、現在のターンの制作物の状態を表しています
耐久:耐久とは、その制作物がどれくらいアクションに耐えられるか表しています
工数:工数とは、制作の進み具合を表しています
品質:品質とは、制作物の質の良さを表しています
HQ率:HQ率とは、制作が完了した時HQ品になる確率を表しています

 TURN数に関しては、どれくらいアクションをしたか示す数字なので特に気にする必要はありません。
 まず気にするべきなのは、耐久と工数です。
 基本的に工数または品質が変化するアクション1回につき耐久が10減少します。工数が最大になると完成します。
 工数が最大になる前に、耐久が0になると制作失敗です。
 工数が最大になると同時に、耐久が0以下になった場合は制作は成功します。(耐久がマイナスになることはない)

 
 次に気にするのは品質です。
 品質が高いとHQ率が上がります。品質が最大になるとHQ率が100%になります。
 HQ率は品質の上がった割合に比例していません。ゲージにして70%くらいから一気に伸びます。

 
 

 以上のことよりクラフターとはどういう遊びかというと、決められた耐久の中でできるだけ品質の高い状態で完成品を作りHQ製造を目指す遊びです。

 ※HQ品が作れないアイテムもあるため必ずしもそうとは限らない。ちなみにHQとはハイクオリティの略です。


 普通に作業アクション(工数を上昇させる)を使って完成品を作っているとLv5で加工アクション(品質を上昇させる)を覚えます。
 加工を使えるようになると経験値の稼げる量が大きく上昇します。
 どういうことかというと、アクションによって上昇させた品質の量に比例して取得できる経験値が上昇するのです。
 所持ギルの少ない初めの頃、この要素は結構重要になってくるかと思うので意識してみましょう。
 ちなみに材料にHQ品を指定することで初期品質が上昇するのですが、材料の上昇分は経験値加算されないので注意です。


 クラフターにクラスチェンジすると専用のステータスに切り替わります。
 作業精度、加工精度、CPの3つです。
 これらは装備に大きく左右される値です。
 



PickUp3
クラフターステータス
作業精度:制作物の工数を上げるアクションに影響を与える(高いほど良い)
加工精度:制作物の品質を上げるアクションに影響を与える(高いほど良い)
CP:特殊なアクションを使用する時に消費する(戦闘職で言うMP・TP、高いほど良い)

 基本的にレベルだけ上げてもこれらのステータスは上昇しないため、適当なタイミングで装備を更新することは必須になります。
 防具・アクセサリーについてはLv50くらいまでの間、装備を使いまわすことが出来るため並行してレベルを上げることが推奨されます。(アーマリーチェストを圧迫しないために)

 また各クラスごとに特殊なスキルを覚えるのがクラフターの特徴で、覚えたスキルの多くはアディショナルスキルとして他のクラフターにクラスチェンジした時も使えます。
 ※アディショナルスキルの設定をしないと使えないため注意

 そしてLv50までに覚えるスキルはアディショナルとして必須と言われるものが数多く存在しているため結局平行してあげることになるのです。


 先のコンテンツをやるには何にも増してレベル上げが必要なため、経験値取得の手段を幾つか紹介します。


PickUp4
経験値取得手段
1.ひたすら作業のみで制作を連続で行う
2.できるだけ品質を上げて完成品を作る
3.ギルドリーヴで制作物を納品する(1キャラクター1日8回)
4.グランドカンパニーの調達依頼に出ているものを納品する(1クラス1日1回)
5.攻略手帳のクラフターの項目を達成する(1週間に1回)
6.材料を大量に用意して簡易制作をする

 Lv50までだと基本的にこれだけになります。
 それより上は、他のコンテンツが追加されるのでお楽しみに!
 基本的に一気に経験値が増えるものは回数制限があるため、手で制作する回数が割と多くなってきます。
 そうなってくると、やっぱり1回の制作で取得できる経験値は気にしたいところですよね。

 また、4.グランドカンパニーの調達依頼と5.手帳ボーナスは対象クラスのレベルに応じて取得量が変わるので要チェックですよ!



 絶対に失敗しない保証はできないのですが基本的な考え方は、まず作業アクション何回で完成させることが出来るか知ることです。
 レベルが同じでステータスが変わらないうちは、1回のアクションで上昇する量が完全に決まりきっています。
 そのため例えば制作2回でギリギリ完成させることができるとしたら、乱数変動で工数が微妙に足りないなんてことは起こりません。
 なので耐久が40だとしたら、作業2回で耐久を20消費するので、残りの20分を他の耐久消費をするアクションに回すことが出来ます。
 一番簡単なのは、加工2回→作業2回ですね。


 ここでアディショナルスキルについて考えてみましょう。
 普通の加工や作業は100%成功ではありません。(初級は70%)
 アクションは失敗しても耐久を消費するため、それが原因で制作に失敗してしまうことがあります。

 それを回避するのに便利なアディショナルスキルが、裁縫師の模範作業です。
 このアクションは、100%成功の作業精度を上げるアクションです。
 つまり初めに裁縫師を優先的にあげて、模範作業を習得した後各クラフターにアディショナルスキルとして登録することで、確実に製造が成功するためのアクション回数を固定することが出来ます。
 また、革細工師で覚える一定ターン消費される耐久を半分にするので便利です。錬金術師が覚える秘訣はCPを回復する貴重な手段なので中盤以降は必須になってきます。


PickUp5
序盤に抑えておきたいアディショナルスキル
クラス名スキル名習得レベル
木工師リラックス15
革細工師倹約15
裁縫師模範作業15
錬金術師秘訣15
調理師ステディハンドU37

 製作中に変化する状態というステータスがあります。この状態によって品質を上げるアクションを行う時の増加量が大きく変わります。
 低品質・通常・高品質・最高品質の4種類存在します。
 大体の場合は通常状態ですが、たまに高品質になります。たまにと言ってもそんなにレアな状態ではなく、1回の製造で数回出ることもあります。
 高品質の時に狙って特定のアクションを行うことで大幅に品質を上げることが出来るので余裕が出てきたら意識してみましょう。
 また最高品質のときは更に上昇量が上がります。そして、最高品質の次のターンは問答無用で低品質になります。
 状態に関しては毎ターン変化するので、高品質の状態のターンに加工などを行わなかったからと言ってその状態が次のターンも維持されるということはありません。
 ※2ターン連続で高品質になることはあります。

 上記の項目で登場したHQについてのお話しです。
 HQとはハイクオリティ品のことで、同じアイテムでもNQとHQではまず性能が違います。
 武具の場合、大体1ランク上の装備と同等です。
 同じものを装備するならHQ品を装備したいですよね!

 HQ品には性能以外の利点があります。
 先に紹介した製造時の経験値ボーナスもそうなのですが更に注目すべきは、ギルドリーヴ、調達任務時の納品ボーナスです。
 現在2倍の経験値が貰えるはずです。
 回数制限のあるコンテンツを中心に上げるさい、回数の節約になるので出来るだけHQ品を納品しましょう。


 基本的には品質をなるべくあげて、完成させるということになります。
 材料を全てHQにすることで大体、最大品質の半分程度まで初めからたまった状態で作り始めることが出来ます。
 装備が整ってくると、一度に上がる品質の量が増えるので容易にHQ品を作ることが出来るようになります。

 マクロとはFF14のゲーム内で使えるテキストコマンドをセットとして登録して、ある程度キャラクターを自動操作するシステムです。
 ゲーム内で提供されているシステムなので規約違反などではありませんよ。
 作成したマクロはホットバーに登録が可能でスキルと同じようにワンタッチで実行することが出来ます
 プログラミングに似ているので面倒だし難しい知って避ける人も多いですが、使えるようになると便利なことこの上ないです。
 登録して実行する方法だけでも知っていれば、数多くの先人たちが有用なマクロを紹介しているのでコピペするだけで、ラクラクなエオルゼアライフを楽しむことが出来るようになります。


 システムメニュー→マクロ登録の順で選択します。
 
 
 するとマクロウィンドウが開きます。
 
 初めからサンプルとして登録されているマクロがありますが、不必要なら消しても問題ないです。
 ウィンドウが開けたら、何も登録されていない番号を選びましょう。
 すると、ウィンドウの右側の入力画面が変わります。
 設定できるのはアイコンとマクロ名(最大20文字)と実際に行われる動作(最大15行……15命令)です。
 ※マクロの中に他のマクロを実行するコマンドを書くことは出来ません。

 登録したマクロはウィンドウ左側のアイコンをホットバーに登録することで(スキルの登録と同じ要領)使用することが出来るようになります。


 製造マクロに限りませんがマクロを組む際に重要な要素の1つにwait(待ち時間)があります。命令と命令の間にwaitを挟まないと、命令同士の間隔が短すぎて不発します。
 製造の場合は基本的に待ち時間を約2秒をはさみます。スキルのモーションが終わるくらいの時間です。1秒だと失敗します。
 また2秒はギリギリのため、ラグが起こったりすると極稀に後続アクションが失敗します。
 それを考慮して、上の方で紹介した加工2回、作業2回をマクロ化するとこうなります。

 
 ---この行より下がマクロ(コピペで動くはず)
/ac 加工
/wait 2
/ac 加工
/wait 2
/ac 作業
/wait 2
/ac 作業
 ---ここまで

 簡単に解説すると、”/”は必須です。これがないとテキストコマンドと認識してくれません。またチャット欄に打ち込むことでも実行できます。
 acはアクションの略です。ちなみに、書き換える時はアクション名だけを綺麗に書き換えましょう。
 では、これらのテクニックを駆使して楽しい製造ライフを!


 いかがでしょうか?製造をやる上で初めに何をやればいいか少しは見えましたか?
 何かと幅広く色々複雑なシステムなので、初心者の皆さまが一つでもヒントがえられれば幸いです。
 ちなみに、ここのコンテンツは不定期更新です!他の記事をいつ書くかも全く予定が立っていませんのでご了承下さい。


色エンピツ サイトトップへ  FF14 FCキャメロットトップへ